クレジットカードの種類について

クレジットカードには、
銀行系、信販系、流通系、メーカー系、消費者金融系などのカードがあります
銀行系のクレジットカードは審査が厳しく、その次が信販系のクレジットカードとなっています。銀行系のクレジットカードには三井住友銀行のVISAカードやりそな銀行系のりそなカードなどがあります。銀行系のクレジットカードは、卒業シーズンのころに新卒者を対象としたカードを発行することもあります。信販系のクレジットカードというのは、NICOSカード、セディナ、オリエントコーポレーション等です。

 

流通系のクレジットカードは百貨店やスーパーが発行しているカードで、
特に主婦は作りやすいカード
です。イオンカード、セブンカード、OMCカード(セディナカード等があります。流通系のクレジットカードを持っていると、会員だけがショッピングの代金が割引になる、サービスデー等の特典を利用できます。ですから自分が良く使うスーパーやコンビニのクレジットカードを持っていると大変お得です。

 

メーカー系のカードには、トヨタファイナンスや日産ファイナンシャルサービスなどのクレジットカードがあります。クレジットカードで決算すると、ガソリンが割り引きになる、レンタカー料金が割引になる、駐車場代が安くなるなどの特典があります。

 

消費者金融系のクレジットカードは、最も審査が緩くなっているカードです。消費者金融系のクレジットカードには、アコムのクレジットカードがあります。パートやアルバイトの方も申し込みができ、即日発効も可能です。世界中のMaster Cardの加盟店で利用できます。ただし、ただし、消費者金融系のクレジットカードには付帯サービスがほとんどないので、消費者金融系のクレジットカードは、どこの審査にも通らなかった場合の最後の手段として利用する場合が多いようです。

 

このようにクレジットカードにはいろいろな種類があり、特典や付帯サービスも異なります。それで自分の属性やまた、カードの利用の仕方などを考えてご自分に最も合ったクレジットカードを選んでください。