クレジットカードの審査について

クレジットカードの審査では、その人の属性が審査されます。属性というのは、勤務先や勤務年数、住居の形態、家族構成、年収、今までのローンやクレジットの利用状況等のその人に返済能力や信用性を表わしている情報です。

 

勤務先は安定した企業であればポイントが高くなりますし、勤務形態も正社員であれば有利です。勤続や年収に関しては、申し込み条件に含まれているクレジットカードもあるので、そのラインに達していなければ審査には通りません。審査の緩い流通系のクレジットカードであればパート等で働く主婦の方もカードをつくることができます。住居は持ち家で、居住年数が長く、住宅ローンも無ければポイントが高くなります。また、固定電話がある、独身なら親と同居していれば、一人暮らしよりも審査には有利になります。年収については自己申告なのでそれほど重視されませんが、勤務先や勤務形態、勤続年数からして推し量られる年収と、遥かに大きな違いがある場合は、すぐに嘘を書いたことが分かってしまし審査には通りません。

 

 

今までの借入状況に関しては、各金融機関が会員になっている信用情報機関に問い合わせて確認をします。今までに、債務整理や延滞の記録が残っていれば審査に通るのは難しいです。そうした記録が、抹消されるのを待ってから申し込みをするのが無難です。なお、登録されている自分の信用情報について知りたければ、信用情報機関に申し込みをすると書面で回答があります。

 

審査が厳しいのは銀行系のクレジットカードで次に信販系、それから流通系となっています。主婦の方は、スーパーや百貨店などで発行しているクレジットカードを申し込むと審査に通りやすいです。買い物の際の割引やその他の特典もあるので、主婦にとっては嬉しいカードです。逆に、会社員の男性が流通系のクレジットカードに申し込むと審査に通らないというケースも見受けられます。

 

最も審査が緩いのは消費者金融で発行しているクレジットカードですが、付帯サービスがほとんどないので、特に審査に不安のない方なら、消費者金融以外のクレジットカードをお勧めします。