クレジットカードの注意点について

クレジットカードは手元に現金が無くても買い物ができるので大変便利です。また、大金を持ち歩く必要もないという利便性もあります。

 

クレジットカードを申し込む時には幾つかの注意点があります。まず、申し込みフォームには正確に正直に入力するという点です。今までの借入状況やクレジットの使用状況は、信用情報機関に登録されていますので、借入件数や借入残高の数字が、申し込みフォームに入力したものと違っていれば、審査には通りません。また、住所氏名等の個人情報も登録されていますので、もし、現在使っているクレジットカードの住所変更を、まだしていないなら、先ずは住所変更をしてから新たにクレジットカードを申し込んでください。また、暗証番号は生年月日や電話番号など容易に推察されるような番号は使用できません。面倒がらないで、他人にはわかりにくい暗証番号を決めるようにしてください。

 

それから、クレジットカードの申し込みは一度に3社以上申し込んだり、短期間に次次と申し込むとやはり審査には通りにくくなります。申し込みの記録も半年ほど残りますので、立て続けに申し込むとよほどお金に困っているとみなされ、審査には不利になります。また、クレジットカードは便利ですけれどもたくさん持たないようにしましょう。管理が大変ですし、実際には必要のない物を衝動買いして、支払いに追われるということになりかねません。

 

またクレジットカードを選ぶ時は、セキュリティー機能に優れたICカードであるとか、また、ネットショッピング認証サービスがあるとか、不正使用された場合に補償があるなどのセキュリティサービスがしっかりしているクレジットカードを選んでください。また、クレジットカードには様々な付帯サービスや特典がありますが、自分に最も必要なサービスを受けられるクレジットカードを選んでください。単にステータスを重視して選ぶのではなく、自分にとって使いやすいクレジットカードを選びましょう