銀行のカードローンについて

銀行のカードローンは、銀行が発行しているということで安心感がありますし、総量規制の対象にもなっていないというメリットがあります。
総量規制というのは、貸金業法の中で規定されているもので、消費者金融などの貸金業者はこの総量規制を遵守して、貸付を行わなければなりません。総量規制は、借入申込者の年収の3分の1以下の貸付しかできないという規制なので、貸金業者からの借入額は年収によって自ずと決められてしまいます。

 

それに対して銀行は貸金業者ではないので、貸金業法ではなく、銀行法に基づいて貸し付けを行います。ですから、年収の3分の1を超える貸付でもすることができます。限度額が100万円以下、或いは200万円以下なら収入証明書を提出する必要もありません。また、銀行のカードローンには、専業主婦にも貸し付けをするとことがあります。たとえば、じぶん銀行のじぶんローンや三菱東京UFJ銀行のバンクイック、楽天銀行のスーパーカードローン等です。限度額は低く設定されますが、本人確認の書類だけで申し込みができます。それに対して専業主婦が貸金業者からお金を借りる場合は、配偶者の同意書と婚姻関係を証明する書類の提出が必要になります。

 

また、銀行のカードローンは金利が低いというメリットもあります。たとえば、楽天銀行のカードローンの貸付金利は実質年率4.9〜14.5%なのに対し、消費者金融の貸付金利は年率4.7〜18.0%となっています。限度額が少なければ高い方の金利が適用されますので、その場合は、3.5%の差になり返済額に大きく影響します。

 

ただ、銀行のカードローンの場合は即日融資が可能なところは限られています。また、審査が消費者金融のキャッシングよりも厳しくなっています。特に審査に不安が無い方なら銀行のカードローンが返済負担を軽減できるのでおススメですが、審査に不安な方で、でもどうしてもキャッシングがしたい場合は、消費者金融のキャッシングを利用するという方法もあります。